Q:【ドラクエ6】ドラゴンクエスト6の「さらに更なる七不思議」…?? ドラクエ6のさらに更なる七つの疑問点。分かる範囲で回答お願いします。 ①はぐれメタルの「はぐりん」を仲間にするには規定回数の夢告白が必要? ベホマンと同じく確か「すれちがいの館」にいるはずですが、攻略後行って周辺を探してもいません。ベホマンはすぐ目の前にいました。立ちはだかる戦士の先の階段を下らなければならないのでしょうか? ということはやはり夢告白通信は必要ですかね。 ②グレイス城で本来「供え物」を届ける役とされていた青年は死んだ? 教会で「まっいいか。誰かしてくれるだろうし。神様どうか我々をお守りください。」とボツ発言した青年ですが、儀式後避難するシーンでは彼の姿はありません。もしや天罰でも下ったのでしょうか? ③下界の「ライフコッド」の炎上事件は夢での出来事???? 下界のライフコッドは一度魔物襲撃に遭うが、夜の炎上事件がまるでウソのようにその翌日には元通りすっかり立て直っている。これにはまさに「悪夢」という言葉がぴったりだが、謎に思ってはいけないのか?? しかし相当な大火災であった。 ④「ドラゴンメイル」は炎しか軽減しない?? 補足では、「炎などのダメージを軽減する」となっています。炎だけの軽減は寂しい感じがしてイマイチ愛用できません。炎しか軽減しない代わりに軽減幅を大きくする(例えば50~60軽減)などといった特徴がほしかったです。ちなみにドラゴンシールドは炎と吹雪の両方を軽減してくれるのでまだ装備しがいがあります。 ⑤「はじゃのつるぎ」のギラ効果と「いかずちのつえ」のギラ効果のダメージに微妙な差が…? ともにギラ効果を伴う2つの武器ですが、ダメージの数値をよくよく見ると……「いかずちのつえ」のギラ効果の方が平均5くらい上回っています。けっして気のせいではないですよね?? ⑥海の底に住む「ルビス」、ロトシリーズⅢの「精霊ルビス」とは関係あるか? ルビスと聞けば、やはり「精霊ルビス」を連想しますが、関連性はあるでしょうか? それにしても虹が架かった神殿は神秘的で美しい。。。 ⑦ポーカーテーブルのダブルアップチャンスですが、高い役が揃った後の条件は比較的厳しい?? フラッシュやフォーカードなど、中位~上位の役の後の条件が厳しい場合が多く(6~10の中堅の数字が出ることが多い気がします)、ダブルアップが3回以上続くことがなかなかありません。多少何らかの仕込みがあると疑いたくなりますが、どうですか?
ベストアンサーの回答
A:個人的に分かる範囲でお答えします。 ①すれ違いの館の裏庭にいます。本編攻略後であれば無条件で進入可能です。館内に入り口の他にもう一つ扉がありますので、そこから向かってください。 ②これは分かりません。名無しのキャラなのでフォローのし忘れもあるかと思いますし。演出上ではグレイス城から出た瞬間にイベントは終了ですが、どこかに隠れているのかもしれませんし、城の外で殺された可能性だってあります。ま、プレイヤーの脳内補完でまかなうので一番かと。 ③時間の流れが表せない以上仕方の無い事だと思います。街に数十回出入りする、電源を一度切った後に訪れると復活するなどのパフォーマンスでもあれば納得はいったのかもしれませんが、そこまで気の利いた演出をストーリーに絡めてする必要があるのかという疑問もあります。まぁ、ハッサンが僅か数分で小屋を建ててしまうくらいですから、あの世界の人間は相当な大工能力を持っているということで納得してくださいw ④ドラゴンメイルは「炎及び炎系の呪文のダメージ軽減」です。性能については個々で感じ方が違うのでなんとも言えませんが、個人的にはドラゴンメイル程度ならあの性能で十分です。逆に店売り品程度で質問者様の言う性能を持たせてしまうと、後に出てくる一点もの関係の装備品の性能も見直さざるを得なくなり、逆にモンスターのダメージインフレに繋がりそうな気配がありますね。 ⑤いかづちの杖のエフェクトはベギラマのはずですが。ダメージ数については呪文準拠ではなく、個々の武器にダメージ数が設定されているので気のせいではなく、そういうダメージを与えるものだと考えてOKです。 ⑥こればっかりは製作陣に聞いてみないと分かりませんね。 ⑦あくまで内部乱数での処理でしかないのでなんとも思いません。