Q:ドラゴンポーカーの合体スキルについて質問です。 以下の順で手出し、役はストレートで5枚とも役に含まれました。 1.アタッカー 絶発 2.白雪(全体化) w合体 3.アタッカー 絶発 4.アタ ッカー 素出し 5.プリーケー(全体化) 絶発 こんな場面があり、1.3のアタッカーが全体化され、4.5の2枚はスキル発動しませんでした。 また、5番目のプリーケーは私が出したのですが、その際に他の方から煽られました。 自分なりにも調べてみましたが、はっきりと明記されてるものが見つからなかったので2点質問させていただきたいです。 ① 1ターンにつき合体スキルの発動回数には制限があるのでしょうか? (なんとなく2回までという制約があるような気がします。) ② 煽られたということは、私の絶発が白雪の絶発を消してしまう可能性もあったということなのでしょうか? 私はてっきりアタッカーが3枚とも全体化出来るのだと思い絶発しましたが、結果は違いました。 もし①に2回の回数制限があった場合、白雪が1回合体、プリーケーも1回合体というパターンもあり得たのでしょうか? 煽られたことがかなりショックですが、事実として他の方に迷惑をかけていたなら2度と同じことをしないよう、きちんと理解しておきたいと思いました。 ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。
ベストアンサーの回答
A:まず、W合体絶発とただの絶発の違いを説明します。 W合体は役が揃った時、絶発していないカードもひきずりだして発動させて合体します。ただ、絶発のアタッカーや補助があるときは優先してそちらと合体します。 また、合体カードをただ絶発した場合は、絶発していないアタッカーや補助のスキルをひきずりだして合体しません。 また、W合体はただの合体の絶発よりも優先されて発動します。 これをふまえて、 1、2、3,4,5の流れについて説明します。 まず1,2,3、の流れで、1,3が2のW合体に乗ることは確定しています。 次に4、5の処理ですが、4が絶発していないので5の合体絶発はスルーされます。 (もし4が絶発していたら合体します) ①についてですが、制限は特にありません。ただ3回が最高です。 今回を例にするともし4.が絶発していたら2.のW合体が2回合体し、5.も合体するので合計で3回合体になります。 ②についてですが、白雪を消してしまう可能性はありません。 ただプリーケーを発動させてもスルーされるのでSPは無駄になるので素だしするのが正解です。